yuki

2017年7月31日 (月)

自分を許す。ってことは負けてもいいんだ。ってことに似てませんかね。

先月からスタートしたYUKIのラジオのレギュラー番組
「Hello! ニューワールド」を毎週聴いている。

ラジコのタイムフリー機能で、聞き逃しても
1週間以内なら録音で聴ける便利な世の中で、
聴き逃すことが、まずない。

30分という尺の中でリスナーからの
質問に答えたり、彼女の好きな曲をかけたりと
意外に濃厚な内容。

そんなリスナーからの質問に対して
彼女の返答で印象に残ったのは

「自分を許す」

という一言。

「また、ファンだからって勝手に結びつけちゃって。」

と言われそうだが、
その通りなので否定はしないが
徳永英明の新曲「バトン」のコンセプトと
通じるものがある。

「負けったっていいんだ」

という彼なりの応援歌はある意味
「自分を許す」ということでもある。

自分を許すと、甘やかすは、また違うので
そこは難しいところだとは思うけども。

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

2度目の思春期。

Fig_main_visual

3月に発売されたYUKIの最新アルバム「まばたき」は
購入してしばらくはヘビロテして聴いていたが、
その後少し落ち着いていた。

が、先週の「blinkblink」ツアーで
自分が参加したライブでトップ5に入る勢いの
凄さを目の当たりにしてから、
またヘビロテで聴くようになった。

このアルバムの制作意図はそれとなく聞いていたが
下記で彼女本人の肉声を通して
コンセプトを聞いて深みが増した。

まず、制作期間は2年と長め。
インタビューの彼女曰く、
今自分は2度目の思春期のような状態で、
エネルギーに満ちているという。

周りよりも自分の意見を突き通し、
メロディや音楽的にどうのではなく、
自分の想いをどう表現するかということを
突き詰めて今回のアルバム制作に臨んだとある。
ようは、尖まくり。攻めまくり。

(文章だけだと自分勝手みたいに見えるので
 上記の動画を見ると、どういう意味なのかがわかりやすい)

が、なんで今、その感情に至ったのかは
自分でもわからず、それはいずれわかるかもしれないし
とりあえず今の自分で、説明すると動画のような
心境なのでは。と分析している。

そんな「まばたき」に関して話すと
キリがないので割愛するが、
かつてないほどパーソナルな内容。
「バスガール」という曲があり、
何故それなのか。と思ったらデビュー前に
バスガールを少しだけしていたことがあったらしいが
セクハラが凄まじいのと、暗記が苦手で辞めたそうな。

今は「聞き間違い」がいい。
アップテンポ多めな中、
これはいい感じの青春バラードソング。

ここに深いレビューも。
ここにあるように、自分も

<才能は途中で生まれない 何故か最初から決まってる>

というフレーズにドキッとした。


| | コメント (2)

2017年7月 2日 (日)

2日連続。/YUKI Arena Tour "Blink Blink"2017年7月2日 横浜アリーナ

2日目。この日も先日と同じく最高のライブを魅せてもらった。

26曲、アンコールなし。
個人的にアンコールはなくてもいいと思っている。

今日はアリーナ席のBブロック58番17列目。
昨日はアリーナ席のCブロック60番13列目。
ほぼ、真横にスライドしただけの形となった。

きゃりーぱみゅぱみゅも会場に来ていたらしい。

Image2

横浜アリーナは、アリーナ席をセンター席、
それより遠い斜めの席をアリーナ席、
さらに遠くなるとスタンド席という。

チケットを手にした時に「アリーナ」とみて
ステージ前と勘違いした。

昨日書き漏れたこととして、
ライブの感想とは別に、
YUKIのファンは、誰1人としてオペラグラスで
彼女をガン見している人がいない。
(そう言う暇もない)

そして、誰1人として座らない。
彼女の衣装替えの5分間は座る。
そして、自分が飛ぶことが多い。
(The1975も飛ぶことが多い)

新曲などの初見の曲でも、
戸惑うことなく、手拍子やリアクションで
場を盛り上げる。

自分も2011年以来、かなりの本数に
参加してきたが、とても見やすい、
乗りやすい、楽しみやすいライブだと思う。

その2011年に初めて参加した
「メガフォニック」ツアーのBlu-rayを観ている。
2011年って、もうそんな昔…。恐ろしい。

このツアーの時のパンフレットがかなり好きで、
デンマークかなんかで撮影した濃い内容。
本人のみならず、デンマークの情景が楽しめる。

51gvszfxml

Rwwmx591img600x4611354294121e5f73t5

Rwwmx591img600x4541354294019kod3ya5


| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

【ネタバレあり】ライブとしての醍醐味が全て詰まっている。/YUKI Arena Tour "Blink Blink"

F59068ff65c4f1

YUKIのアリーナツアーに行ってきた。
「うれしくって抱きあうよ」でファンになって以来、
欠かさず毎ツアーに参加してきたが、
今回は「感動度」が「メガフォニック」ツアーを超える。

Lp_1_live_yuki

とにかく素晴らしかった。
ライブの定義は知らないがライブを味わう上での
必須条件みたいなもの全てが揃っていた。
「楽しい」「感動」「かっこいい」「満足」などになるのか。

彼女は、声だけでなく、2時間30分ほぼ踊りっぱなしなのだが
身体全体から自分の想いを伝えるのに長けている。
とにかくパワフルシンガーだと感じた。
声の調子も最高潮。

6454_large

選曲も、最新傑作アルバム「ばまたき」と
従来の曲とバランスよくチョイスした26曲。
毎回歌う定番の曲がいい席を陣取っているにも関わらず
「また、この曲を歌うのかよ!」的な残念感を感じない。
むしろ「来ましたな!」となり、会場は興奮の坩堝に。
※ただ、「ランデヴー」だけは、自分の中で
そんな盛り上がる曲でもないのだが、会場の反応は
いつも「ウォオオ」という声で始まる。

他の「Joy」「ワンダーライン」「ワゴン」「鳴いてる怪獣」は
超絶大盛り上がり曲で自分もかなり好きだ。

アリーナツアーとあって、演出も凝っている。
まずは、YUKIといえば中盤衣装替えのために挿入される
自身が出演するショートフィルム。これが面白い。

今回も、相当凝っていて「ツアーの何ヶ月前に発注したのか」
と思ってしまうレベルのクオリティ。

「バスガール」ではその名の通りYUKIがバスガール姿で
歌っている間、映し出される。
ここだけの話、歌より映像に見入ってしまった。
YUKIはコスプレもいけますか!!!

構成も、花道にバンドを移動させて
ちょっとしたアコースティックライブをやったり。
ここでの「Hello!」「相思相愛」は最高だった。

そして終盤。前回のツアーのラスト曲だった「ワゴン」を
歌い始め、会場のボルテージも最高潮に達した感があったので、
今回もこれで終わりなのかと思ったら…

「まばたき」で1番好きな曲といってもいい
「トワイライト」をやってくれた!!!

アルバムの最初の曲「あばれたがっている」で始まり、
「トワイライト」で幕を閉じる形となった。
いや、これは本当に嬉しかった。
「2人だけの世界」を演ってくれたら完璧だった。

とにかく、素晴らしいだらけなライブだった。
終わってからCDでオリジナルを聴き直したくなった。
この症状は、かなり久しぶりなことだ。

そして、ツアーグッズが今回も充実。
といいつつ、パンフだけを購入。
ただ、グッズは人気があるので、
購入するのに40分かかった。

パンフというより写真集。
値段は5000円と少し値は張るが、
毎回内容も、本の装丁も超絶凝っていて、
今回は段ボールのような外装に、本が収納されており、
このパンフのためにアイスランドで撮影を敢行。

彼女自身の書き下ろしのエッセイも収録されており
逆に5,000円でここまでしていただき、
ありがとうございます。 という感じ。

Tシャツとかタオルも毎度人気があり、
会場で着用しいるファンが8割くらいなのだが、
変に「YUKI」とかいれるよりツアータイトルを
かっこよくバン! と入れていて、ファッション性も高い。

01
↑ツアーパンフ独自にタイトルが付いている。

Fig_goods

と、かなりの長文になってしまったが、
20年ぶりの横浜アリーナ、大いに楽しませてもらった。
こんなにいいライブ(とわかってはいたが)、
もう2公演くらい遠征してもよかったな。と思った。

ちなみに、今日の座席はCブロック。
横浜アリーナは席がゆったり目で見やすいし好きだ。
数回しか行ったことないけど。

Image2

O0500033310865704620

しかし、自分がYUKIを聴き、ライブに行くとは思いもしなかった。
ジュディマリには、一切興味がなかったのだが。

Fig_release_limited
↑最新8thアルバム「まばたき」発売中。

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

YUKIのニューアルバム「まばたき」発売!

Img_3470

YUKIの8枚目のニューアルバム「まばたき」が発売された。
まだ、聴き込めていないが全体的に明るくPOPなサウンド。
このアルバムを持って、アリーナツアーに出る。

アルバム発売といえば、特典が気になるところだが、

通常盤
限定盤(2CD・DVDつき/レコードサイズ)
レコード
カセットテープ

の4種。
限定版がCDにもかかわらず、
ジャケットがレコードと同じサイズというのが熱い。
(トップ画像)

デジタル最盛期の中、紙物をメインにした
こういったはからいは喜ばしい。

アルバム発売を記念して、彼女は「ソングス」に
出演したり、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」に
20年ぶりに出演している。

後者は、ラジコでならば、タイムリーといって、
聴き逃してしまったとしても、一週間以内なら
聴くことができる。

夜中ということもあいまってか、
テンション高いし、聴いてて面白い。
録音したかったが、Macにはそういうアプリもなく。

さらには、そのアルバムの中に
15周年記念の写真集の告知。

1万円と値は張るが、
コンセプトがしっかりしていて、いい感じだ。

以下、公式サイトより抜粋の紹介文。

YUKI 15th Anniversary Special『LETTERS FROM ME』!!

『LETTERS FROM ME』

○「ONE DAY」
日本が誇る写真家:大森克己がYUKIの10周年記念に行われた東京ドーム公演『YUKI LIVE“SOUNDS OF TEN”』にて、YUKI本人に密着して舞台裏を撮ったドキュメンタリー写真集。
全88ページ・並製本・A4

○「LOOK CLOSER」
世界的有名フォトグラファー:マーク・ボスウィックが2013年にYUKIを自宅に招き、マークのNYの自宅とその周辺でYUKIを撮り下ろした写真集。
全65ページ・本文銀箔押しページあり・上製本・A4

○「PAVILION」
YUKIのソロデビューから10年間のアートワークをアーカイブ的にまとめた全306Pに及ぶ資料本。未公開写真や、レコーディングで使用されたYUKIの手書き歌詞なども掲載。
全306ページ・上製本・A4

それぞれがとても豪華な3冊を1つのBOXに収めた『LETTERS FROM ME』は完全数量限定生産となっています。

| | コメント (0)

2016年12月25日 (日)

わかってます。

Large

德永英明のライブ会場にて。

客「かっこいい。」
徳永「わかってます。」

YUKIのライブ会場にて。

YUKI「今日も可愛くてごめんなさい。」
客「わかってます。」

…そんなやり取りを来年もまた、
観られると思うと今から楽しみだ。

というのも、先日YUKIの
ニューシングル&アルバム&ツアーが発表された。
今年はソロデビュー15周年ということで
大規模アリーナツアー。

専用ロゴも作ったりして、気合が入っている。
こういったイラストレーターなど
他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも
面白いと思う。

20161225_93904
↑オフィシャルサイトより拝借。アー写。

20161225_93926
↑ニューシングルジャケ写。映画の主題歌。
今年の夏のポケモン映画に続き、タイアップ。
彼女はドラマよりもCMや映画のタイアップが多い。


| | コメント (4)

2016年7月12日 (火)

YUKIのアリーナツアーBlu-rayとシングル発売!!!

News_xlarge_yuki_jkt20160713_live_2

News_xlarge_yuki_jkt20160713_norm_2

昨年、鬼のようなスケジュールでホールツアー2本、
アリーナツアー1本をこなしたアスリートシンガーYUKI。

アリーナツアーのライブ映像が明日、発売される。
すでにホールツアー2本は個別にリリース済み。

このアリーナツアーはセットがすごい。
「YUKI LIVE dance in a circle ’15」の名の通り
ステージは円形状になっており、その上回転するのだ。

ただ、回ってるだけじゃん…と思われそうだが
実際に見てみると様々な仕掛けがあり見た目を飽きさせない。

自分がライブデビューした頃は、派手なステージセットが好きで、
そういうのを期待したが、大概シンプルなものが多かった。

そのうち、シンプルなほうがよくなってきたが、
久しぶりにこういう仕掛け盛りだくさんのステージセットを見て
テンションはかなり上がった。

ただ、収録会場が日本武道館なので、
せっかくの壮大なステージが手狭なここで収録して
こじんまりと見えないかが気になるところ。

日本武道館というと、聖地というイメージだが
正直音楽を聴く環境には一番向いていないと思う。

過去に自分が見た派手なステージセットは
ローリングストーンズの東京ドームでの来日公演。
天井に超巨大なスクリーンが吊り下げられており、
各メンバーの表情が映し出される。

それだけでもすごいのに、それらが移動したことに
当時すごいな。と思ったものだ。

自分はド派手な演出よりも、音楽を聴きたいタイプなのだが、
たまには、豪華なステージセットでライブを見るのも悪くないと思う。

今でも見たかったな。と思うライブがある。
U2の360°ツアー。
多分、こんなセットが組まれたのは後にも先にもない。
日本に空輸するのは無理なのだろう。

U2_360_tour_croke_park_2

125281419125016303134_prechicago1


| | コメント (2)

2016年5月30日 (月)

恋人にしたい女性ミュージシャン。/YUKI commune of ten 日比谷野外音楽堂

213620

Cjjtwrouuaaffypjpglarge

以下は、先日行われたYUKIの
ツアーに関する内容に触れている。

その前に、
ライブのMCで言っていた事がを記載する。

友人から連絡があり、YUKIが
「恋人にしたい女性ミュージシャンにランクインしていた」
と教えてくれたそう。その順位はというと、

1位 西野カナ
2位 miwa
3位 YUKI
4位 西内まりや
5位 aiko

対象は10〜30代の男性に対して
行われたアンケートだそうで。

2位は男性に人気なのはうなづけるが、
他は女性に人気があるイメージ。
ゆえに集計の信頼性はイマイチな気がする。

が、YUKIとaikoは40代、
さらに前者は既婚者&お子様がいるのにもかかわらず、
西内まりやを抑えての3位。(ここで会場は爆笑)

続きを読む "恋人にしたい女性ミュージシャン。/YUKI commune of ten 日比谷野外音楽堂"

| | コメント (0)

2016年2月17日 (水)

クイーン・オブ・ポップ、YUKIの誕生日。

Z322030941

本日、2/17はYUKIの誕生日。

他にも前日にグラミー賞で
年間最優秀楽曲を受賞したエド・シーラン、

グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロング、
文学では森鴎外が。

同月では勿論10日後に徳永英明が控えているし、
その手前の24日にはASKAの誕生日が。

YUKIに関しては自分がファンになるとは思わなかった。(笑)
ジュディマリは知ってるけど当時のサウンドは自分とは
合わなかったし、今聴いてもピンと来ない。(笑)

ファンになったきっかけは

「うれしくって抱き合うよ」

のころで、ラジオで色々流れているのを聴いて。
丁度このアルバムのツアーをしてたのだが
チケットはとれなかったので、次のツアー

「MEGAPHONIC」

がライブデビュー。
彼女のキャリアの中で一番好きなアルバムだし、
ツアー内容も強烈に覚えている。

彼女の声は個性的でクセが強いが、
ジュディマリの頃より声質は自分に合ってるし
好きなボーカリストだ。

見た目から、入ってませんよ。(笑)

ただ、グッズやアルバムのアートワーク等、
デザインセンスはかなり高いので、
音楽以外のそういったところも注目すべきところがある。

そんな彼女のライブBlu-rayは来週2/24発売。
「Flyn'High」[Dope Out」2本分のライブ映像。

2本バラ売りと、2本セット。
あなたはどっち。

同年のアリーナツアー「Dance In A Circle」
もその後映像化されるだろう。

819msflgl_sl1500_

| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

YUKIのライブBlu-ray、2枚同時リリース!

11/19、一昨年から行なわれていたホールツアー2本と
アリーナツアーを終えたばかりのYUKI。

年内に3本ものツアーを行う異例の内容だったが、
そのうちのホールツアー2本「FLYN' HIGH」「DOPE OUT」lを
映像化したものが2/24同時リリースされる。

販売形態は、2本独立した商品と、
2本を1セットにした「HIGH TIMES」と銘打った商品。

繰り返しになるが、ライブ映像は一度観てしまうと
ほぼお蔵入りになる可能性が高く、購入するかを
検討している自分がいる。苦笑

先刻、chageが秋に行なった「天使がくれたハンマー」ツアーも
映像化され、リリースされるし、

ブライアン・アダムスも何故かこのタイミングで
1996年の「18 till I die」ツアーの映像をリリース(?)
をほのめかしているし、

来年は徳永英明も映像を商品化してくると思う。

CDは大歓迎なのだが、映像作品(特に日本)は
ウルトラ高価なので、好きなアーティストのリリースラッシュは
うれしい悲鳴と言うか、結構深刻な経済圧迫を生む。笑

だいぶ前だが、輸入盤の値上げを検討している…
と言う記事を目にした事があり戦慄したが、
逆に今の方が海外の音楽商品は安く感じる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧