The 1975

2018年6月 2日 (土)

The1975、「Give Yourself A Try」リリース!!!

The1975がシングル「Give Yourself A Try」をリリースした。
今年発売予定のサードアルバム「Music for Cars」からの
先行シングルで、数日前からSNSではリリースに向け
カウントダウンが始まっていた。

ビジュアルは見てびっくり、
ボーカルのマシュー・ヒーリーは赤毛、
ギターのアダム・ハンは金髪に。

バンド全員が裾の短いスーツを着ているのだが
これはマイケル・ジャクソンを彷彿とさせるし

マシューの赤毛は、シンディ・ローパーを思い出す。

彼らの楽曲の根底にある80年代が
色濃く今回も反映されている気がする。

PVは鏡張りのセットの中で
バンドが演奏しているというもの。

楽曲は3分程度と短いが
ギターリフとメロディラインが印象的で
スルメ楽曲の予感がする。

ついに動き出したThe1975、
今回はぜひとも来日してほしいものだ…。

| | コメント (0)

2017年12月18日 (月)

The1975、ある日突然、待望のライブアルバムリリース!!!

Dh00278_live_from_the_o2_london_161

1975matthealy720x457

デビュー以来、毎年来日公演を行っていた
The1975だったが、なんと今年は来日せす、
ファンにとっては喪に服す年となった。

が、先日なんの予告もなしに突然ライブアルバムの
リリースを行った。(配信のみ)

名盤セカンドアルバムの(超長いタイトルなので割愛)
ツアーを音源化。

ロンドン最大のアリーナ、O2アリーナでの
パフォーマンスを全曲収録。

映像ではなく、音源だけというのが良い。
The1975といえど、映像だとおそらくほとんど観ない。

YouTubeでは、彼らのフェスを含めたライブ映像が
ごまんと転がっているが、オフィシャルとなると
音源もちゃんとチューニングされているだろうし、
聴くのが楽しみだ。

配信されているので、もう聴けるのだが、
アナログ派な自分は、CDかレコードで聴きたいので、
まだ未聴。

セカンドツアーを終えて(今回は194本を超えたのだろうか)
来年、サードアルバム「music for cars」をリリースする予定の彼ら。
名盤と呼ぶにふさわしい1枚にしたい。
と意気込む彼らに期待したい。


| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

The1975、ブリテッシュアワードで受賞!

アメリカの音楽の祭典がグラミー賞なら、
イギリスはブリティッシュアワード。

そのベストグループ(?)の様なものに、
The1975が選出されたらしい。

1つ目の映像は、受賞の際のスピーチ、
2つ目は、アワードでのパフォーマンス。

にしても、来ませんなぁ、
日本に!

| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

ようこそ。

Cceu05kw4aikmjejpglarge

友人をThe1975パラダイスに
引きずり込むことに成功した。

ヘビロテ中とのこと。

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

She's american の2分52秒がすんげー。

Sa

正直、最初聴いた時は
あんまりピンとこなかった1曲なのだが、
今となっては何度聴いても聴き足らず、
ライブでも大盛り上がり。

その中でも、2分52秒目が
自分にとっては、すごい好きな部分で
いまだに、聴くたびに、「おおお…」となる。

で、曲の雰囲気は「Settle Down」に
近いものがある気がする。

それにしてもこのライブ映像、
LAをバックにカッコよすぎると
思いませんか。

| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

馬鹿げた質問に答える。

よく、「無人島にひとつだけ、私物を持ち込めるなら?」
という質問をインタビュアーが聞くことがあるが
なんて馬鹿げた質問なのだろう。と思っていた。

が、ふと自分が無人島にシングルとアルバムを1枚づつ
持ち込めるなら。と考えたときに、
シングルは「LOVE ME」、
アルバムは「I Like It When You Sleep, for You Are So Beautiful Yet So Unaware of It」となるだろう。

発売から半年経つが、ほぼ毎日聴いているし、
1stアルバムと同様、2年以上は飽きずに聴いていられると思う。

と、思えるくらいこのバンドとその楽曲群は、
自分の中での存在感がとても大きい。

余談だが、大昔ジョディ・フォスターが
「パニック・ルーム」という映画のプロモーションで

「自分がパニック・ルームに入ることになったら
何を持ち込むか?」

という質問に対し、U2のアルバムさえあれば
何日でも入っていられる。

と答えたのを記憶している。
結局無人島うんぬんの話題のつもりが、
The1975のデレ話になり代わった。

| | コメント (8)

2016年9月 3日 (土)

昨日か今日あたり、The1975のデビュー日。かもしれない。

Metalargef309d0ee91cff6a1276543ef6a

20160825applemusicfestival03

20160825applemusicfestival

007

9月の2日か3日は、The1975のデビューアルバムの発売日。
なので、それが彼らのデビュー日なのか、
デビュー前からレコードとか出してたし、
よくわからないが、どうもデビュー日っぽい。

そんな9月は、毎年恒例のApple Musicフェスティバル。
各国で開催され、イギリス出身の彼らは
エルトン・ジョンらと名を連ねギグを行う。

アメリカではブリトニー・スピアーズもでるらしい。
アーティスト写真には画像加工が
施されていて、統一感があっていい。

このライブの模様は、見逃したとしても
iTunesで、後から見ることもできるし、
音源化されて販売されるので、
購入も可能だ。

年間最大、195本ものライブを
時差ぼけと戦いながら世界でこなし、
こういったフェスティバルに頻繁に顔を出すThe1975。
(サマソニもその一環だが)

この過密スケジュールのさなか、
すでにサードアルバムに着手しているという。
若いとはいえ、働き過ぎのないように、
気をつけていただきたい。

Cqdabh7umaa4d_n
8月の来日時、インタビューに応じる、マシュー・ヒーリー。
日本でのライブの感想や、次回作の進行具合を語る。
※写真はネットから拝借させていただきました。


| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

期間限定のThe1975ショップがオープン!

Img_1958

Img_1961

本日2件目の記事投稿。
6/20〜6/30まで、The1975の専門店が
渋谷109にて限定オープンしている。

早速行って参った。
多分ここでしか買えないグッズが売っている。
どんな様子か見に行くだけのつもりが、
恐ろしいことにふたつも購入してしまった。

給料日前に痛い支出。
ただ、四角にバンド名が印字されているだけなのに
買ってしまう、デザインの威力たるや。

德永英明のグッズにも
衝動買いをしたくなるような、
ハッとするようなデザインを
私は求めている。

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

The1975に1万6千5百円、支払います。

20160511_163620

↑これと、下の写真は勝手に拝借。すみません。

マンチェスター出身の仲良し4人組バンド、
The1975が1月の単独公演以来となる来日を果たす。
8月に開催される夏の祭典「サマーソニック」に出演するのだ。

このサマソニの醍醐味は、様々な国内外のアーティストが
ひとつの場所でちょっと歩けば堪能できるという、夢のようなもの。

ただし、自分が聴きたいと思えるミュージシャンが居ないと、
なかなか、厳しいものがある。

1月の来日公演で、やっぱりThe1975最高でしょう。
と言う想いを新たにした自分は、サマソニに行くと思う。

ただ、今回は彼ら以外に聴きたいと思えるミュージシャンが
ほぼ皆無の状態なのだ
だから、このままだと、The1975を楽しむためだけに
1万3千円という大金を支払う事になる。

もちろん、彼らだけを観て帰る…という愚行はせず、
チェックして気になる人は聴くつもりだが、
一昨年ほどのテンションはない。

一番手っ取り早いのは、The1975が
単独公演で赤坂ブリッツ10daysとかやってくれたら、
毎日通いますけども。

単独公演が無いという事は、
これまた名盤のセカンドアルバムが
実はあんまり売れていないという事なのか。

タワレコ等でみられる「売れてます!」は
嘘なのだろうか!?笑

セカンドアルバム発売されてから
ツアーのセットリストも大きく変わっているし
1月とはまったく印象も変わると思うので
単独公演のお知らせが来るのでは…という
淡い期待を抱いている昨今なのだった。

20160511_163605

↑次回は、ちゃんとこのセットを日本に持ってきて再現して欲しい。

20160511_163638

↑女性達はボーカルのマシューさんにぞっこんだが、
 自分はベーシストのロス・マクドナルドさんが1番好きだ。

| | コメント (0)

2016年3月14日 (月)

THE1975生涯ファン宣言。

20160310_93940
↑オフィシャルTwitterアカウントより拝借。 

洋楽は(比較的)数多く聴いてきたが、
ここまで没頭するに至るのは
初めてかも知れない。

通例として、自分がファンになった頃には
そのミュージシャンはある程度キャリアを
積んでる人が殆どだったが、

彼らの場合、デビュー前からファンになり、
その活動をリアルタイムに感じられている点も
自分にとっては斬新だ。

デビューアルバムを聴いて、
これはずっと、聴き続けられるし
そうしたいと思えるバンドだな。
と思っていたが、セカンドアルバムを聴き、
その考えはなおの事強くなった。

聴く前に「前作よりもいいだろうか。」
というへんな勘ぐりもなく、
ただただ、発売を楽しみにし、
ふたを開けてみたら、
とんでもなくハイクオリティ&エキサイティング。

ということで、
遅くなったが生涯ファン宣言。

新作は全英・全米でナンバーワンになり、
日本でも某レコード店では、
今のところナンバーワン。

が、メディアへの露出が全くないので、
日本での知名度がどの程度なのかわからないが、
色んな人に知って欲しいと思う。

いまは、「THe1975ってなに?」で済んでいても、
もう、「え、THE1975知らないの?」となりつつある。

推測だが、世界的にはもう知れているが、
日本だけが遅れているという考え方もあるのかもしれない。

Img_1496
↑アルバムバカ売れ。

全部ハイクオリティ曲で文句のつけ様がないが、
今好きなのは下記の4曲。


↑1stの「Settle Down」と雰囲気が似てる。(動画は以下全てプレビュー)


↑最初よくわからなかったが、何度も聴いてスルメ曲に。


↑どこか哀愁漂うメロディラインとコーラスがお美しい。


↑アルバムの中でも異彩を放っていると勝手に思っている。
 ギターのアルペジオがザ・ポリスの「EvryBreath You Take」を意識している様にも思える。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧