書籍・雑誌

2017年10月18日 (水)

図書館ライフ、再開。

家のそばに、前からあったのか?
リニューアルしたのか?
新設されたのか? は定かではないが、
ピカピカの図書館がいつのまにか、
できていたので行ってみた。
今までの中で最も近い距離にある図書館。

驚いたのは、新設されたばかりだからなのか、
本のラインナップが充実していること。
前通ってたところとは雲泥の差。

1番驚いたのは、借りる時の仕組み。
無人の端末が設置してあり、
端末の前の机に借りたい本をドンと置く。
机に置かれた本はスキャンされて、
画面に置いた本の名前がずらり表示される。

内容に間違いがなければ、
図書カードを端末に読み込ませて終わり。
その図書カードには、
借りた本と返却期限が印字される。

さらには、返却期限を延ばしたかったら
webサイトから申し込めるらしい。
(以前はいちいち借り直していた)

説明受けている間「…すげぇ」
となんども心の中で言った。

借りた本は2冊。
「その女アレックス」
「アンデスの奇跡」。

前者は、ちょうどレンタルしてた映画の原作。
映画の方も、大好きな俳優が出てていい感じ。

※と思ったら、全くの別物だった。
映画の方がパクってるぽいが、いいのだろうか。

映画は凄腕美人諜報員の話だが、
本は戦闘能力ゼロの看護師が、
拉致監禁されるといヤバ目な話。

170404_01

後者は徳永英明も鑑賞し、
ラストに流れる「アヴェ・マリア」が感動的な
実話ベースの「生きてこそ」の原作。

7149vebppxl

webで図書館で扱いがあれば
予約できる(これは前からあるシステム)ので
先日観て全ての人に観てほしいと思える
教科書的映画「ドリーム」
の原作本をリクエスト。

こいつも楽しみ。
図書館は違いほどいい。
超読書家ってわけでもないのだが
図書館や本屋へ行くと妙にテンションが上がる。

| | コメント (0)

2016年9月30日 (金)

藤子不二雄Aの自伝。

54c0cee2869f2bf66e03a323bf8769d7

最近は漫画を全く読まなくなったが、
昔はそれなりに読んでいた。
その中でも自分の中で「人生の教科書」
と呼べる作品がある。
藤子不二雄の自伝的漫画「まんが道」だ。

彼らがどうやって漫画家を志すようになったのかが
克明に記されている。
なんども読んで内容もだいたい覚えるくらい。

だが、先日図書館で見つけた藤子不二雄Aの
自伝書籍を見つけた。

「78歳、いまだまんが道を…」

というタイトル。漫画ではない。
先述のまんが道と内容は被るが、
そこでは触れられなかった細かい事が
たくさん書かれており、
まんが道を読み尽くした人でも感嘆する
内容がてんこ盛りだ。

彼らがいかに偉大な作家だったのかが
より深く理解できる。

調べたら、「81歳、いまだまんが道を…」
があったので、これも読んでみたいと思う。

| | コメント (2)

2016年6月24日 (金)

紀伊国屋書店南口店、閉店。

Images_original

既にご存知の方もいるだろうが、
日本最大規模の売場面積を誇る(もしかしたら違うかも)
紀伊国屋書店南口店が7月末を持って閉店する。
これは大変ショッキングな出来事だった。

かといって、足しげくここに通っていたかというと、
正直そうでもないのだが(笑)
オープン当時からここに、デカい書店があるというのは
なんといおうか、安心感の様なものがあった。

さほど頻繁に利用していないくせに、
無くなるとわかるとなると悲しい思いになる勝手な奴だが
行ったら行ったで毎度新しい発見があったし
テンションがあがっていた。

閉店前に足を運んでおくべき…と行ってきた。
ロケーションの問題上、本店に比べると客足はまばら。
しかし、じっくり本を眺めたい私にとっては絶好。

6階の洋書コーナーから1階まで降りてきた。
そして1階では買おうと思っていた
鳥山明の画集

「ドラゴンクエスト イラストレーターズ」

を購入した。
最近はCDにしても書籍にしても
Amazonで買う事が殆どだったが、
これは書籍店にとってあまり良い事ではないと思い直し
最近は極力専門店で買う様にしている。

南口店は閉店しても
紀伊国屋書店だけは今後も末永く…
と言う思いを改めたい。

ちなみにゲーム画集は人生初購入。
小学生の頃から親しんだ、
鳥山明がデザインしたキャラクター達が
ゲーム画面ではなく、原画を通して
当時の想い出を蘇らせる。

何度も見返したくなる画集。

41i0jltmhol

| | コメント (0)

2016年2月21日 (日)

壮絶なサバイバル。/東京島

Img_000

とある無人島で繰り広げられる、
日本人や中国人のサバイバル生活。

男の中に、女がひとりな状態。
唯一の女性がゆえに、
ちやほやされたり、そうじゃなかったり。

壮絶なサバイバルに加え、
人間関係が些細なことで立場が逆転したりと
中々読みごたえがあった。

主役の女性はふくよかな設定だが、
映画版は真逆の木村多江。

色々と調べたが、映画は見合わせる。(笑)
小説はおすすめ。

| | コメント (0)

2016年1月19日 (火)

ノルウェイの森を待つ。

村上春樹の「1Q84」に続き、
「ノルウェイの森」を図書館で借りて読んでいる。
もうすぐ読み終わるので
期限内には図書館に返却できそうだ。

「1Q84」はファンタジー、サスペンス、
エンタメ色の強い作品。

「ノルウェイの森」はそれとは逆で、
大学生の男女の恋愛模様を描いている。

内容は人物の心理描写がメイン。
退屈かと思ったが、意外と面白くて
読むスピードも速い。

これを読んだきっかけは村上春樹ということと、
未見ではあるが、映画化されていて
作品名を知ったから。

キャストなどを全く知らなかったので、
調べてみたら見るのをためらう内容が。

まず、監督。
トラン・アン・ユン。
「青いパパイヤの香り」。

この作品しか知らないけど、
とにかく映像美にすごいこだわるイメージ。

ノルウェイ…は、映像よりも
心理描写メインだし、海外の人にそれが描写できるのか。
どんな仕上がりになっているのか。

そして、きわめつけは、緑を演じるあの人。
嫌いってわけではないのだが、どうも苦手なのだ。(苦笑)
ほぼ、名指ししてるようなものなので、
ファンや気分を害した人が居たら申し訳ない。

でも、ちょっと前に彼女は少々変わった言動で騒がれ、
その「変わった」部分は緑と共通している気もする。

といった不安要素を大いに含んだ作品ではあるが
観たいとおは思う。しかしここはテレビ放送を待つ。

ちなみにその前に読んでいた三島由紀夫の「禁色」は
読破に2ヶ月かかった。男色家の話。

| | コメント (8)

2015年11月14日 (土)

すべてがFになる。

何故この作品を読むに至ったか記憶が定かではないが、
先日「すべてがFになる」と言うサスペンス小説を読んだ。

一昨年あたりに武井咲と綾野剛でドラマ化されており、
現在深夜にてアニメ化されたものが放送されている。

小説は面白くてすぐに読み終えたのだが、
アニメは観ていて面白いと思えない。
恐らく、小説を読んでいなかったら観ないレベル。

理由は定かではないが、この作品は完全密室劇。
絵的には殆ど変化がないのでアニメとなると難しいのか…。

しかし90分間ずっと棺桶の中に
閉じ込められた男だけを写し続ける
閉所恐怖症を地獄に陥れる映画「リミット」は楽しめたし。

小説が映画化されたら、それを見比べて楽しむ…
と言う事をよくやり、実際に双方楽しいのが常だが、
この作品に関してはアニメも途中で観る事を辞めてしまいそうだ。


| | コメント (0)

2015年9月18日 (金)

本を読む早さ。

ずっと遅いと思ってたけど、面白いと思えば
かなり速く読む方なのだと感じた。

遅いと思っていた理由は、山岡荘八の「徳川家康」の
文庫本1冊読むのに1ヶ月以上かかるから。

全26巻あって、まだ11巻。1巻を読みはじめたのは数年前。
いつ読み終える事やら。

速いかな。と思った理由はちょっとミーハーでフィクションを読みたいと思い

・三島由紀夫「金閣寺」
・太宰治「人間失格」
・湊かなえ「白ゆき姫殺人事件」
・村上春樹「1Q84」(まだ途中)

をいづれも1、2日で読んでしまったから。
徳川家康は1ヶ月なのに。

単純に歴史小説を楽しめていないのかも。
いや、楽しいのだがやっぱり登場人物は多いし、
話も複雑だし、取っ付きにくいのだろうか。
(織田や豊臣はそうでもないが、徳川はとにかく風呂敷広げ過ぎ感がある)

まぁ、お陰で戦国時代の事は少しは分かる様になり
先に話した「大関ヶ原展」なんかに行っても
理解できるレベルにはなったのだが。

三島由紀夫と太宰治の作品の主人公はみんなクズ。笑
村上春樹は大昔有名だからと言う理由だけで何か作品を読んだが
不可解だったので離れたのだが、
発刊当時話題になったこの書籍はミステリー的な内容で
先が気になって仕方がない。

村上春樹はこういう作風なのか。
と考えを改めた。

図書館で借りられていたらどうしよう。
とドキドキしている。笑

| | コメント (2)

2015年3月 1日 (日)

遠藤周作「沈黙」

遠藤周作の「沈黙」は好きな作品。
また読みたくなってブックオフで購入し読んでいるが面白い。

徳川幕府時代、キリスト教が邪教とされ弾圧されていた時代。
ポルトガル人の宣教師が命をかけ日本に上陸し
布教活動を行う…という内容。

改めて読んで思ったのは(また途中までしか読んでいないが)
徳川が天下を統一してもなお、国民は壮絶な貧しくて過酷な生活をしていたこと。
そんな救いのない生活の中、キリスト教に光を見出した彼ら。

名匠マーティン・スコセッシ監督、アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、
浅野忠信出演で10年以上の時を経ていよいよ映画化されるのが楽しみ。

面白いので一気に読める気がする。

| | コメント (0)

2015年2月19日 (木)

グロテスク好きというわけではないのだが。

珍しく書籍の話。

ここ数十年漫画をほとんど読まなかったのだが、
レンタルではあるが読むようになった。

しかし、どれも表現がグロテスクなものばかり。

「テラフォーマーズ」
「東京喰種」
「寄生獣」
「進撃の巨人」

など。全部肉片飛び散りまくり。
別に意識して選んでいる訳ではないのだが…。

テレビドラマも「ウォーキング・デッド」「ブレキング・バッド」
など、これまた肉片まつり。

何気に私はサイコ。

読書は「雑談力が上がる本」という、
以前書籍コーナーで平積みされていたやつ。
買ったことを忘れて今頃読んでいる。

次回お会いした際は、アカデミー賞の司会が
できるのでは…と思えるほどトークが上達しているだろう。

あとは、読み終えることができるのか心配な
山岡荘八の「徳川家康」。全26巻、現在6巻。

もっと読書の時間を増やさなければ。
と言っても基本は電車で読む人間だから難しいのだろうか。
いや、時間は作るもの。やればできる。

| | コメント (2)

2014年4月18日 (金)

山岡荘八 徳川家康

を4巻まで読み終えた。
全部で確か26巻。先は長い。

同作者で「織田信長」「豊臣秀吉」も
既読だが、これらは多くて5〜6巻。
作者の思い入れの違いなのだろうか。

今は、桶狭間の合戦で今川義元を討取ったところ。
時間はかかるが読破する自信はある。

ちなみに、然程歴史は詳しくない。

| | コメント (0)