« 終始静寂。の中に恐怖。/ウィッチ | トップページ | この人のおかげで、マクドナルドが食べられる。/ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ »

2017年8月 8日 (火)

性犯罪冤罪は、社会的死を意味する。/偽りなき者

161231_01

これは傑作。
デンマークの至宝、イケメン俳優
マッツ・ミケルセン主演映画。

小さな村の幼稚園教師が、
性的虐待容疑をかけられ、
社会的に抹殺されていく様子を、
重厚かつ生々しく描く
見応えありすぎなヒューマンドラマ。

日本でも電車で痴漢の冤罪の話を聞くが、
これはそれのもっと大きなコミュニティの中での
出来事なのが怖い。

人間は一度「クロ」と思い込むともう止められない。
それが集団になると、ある意味死より恐ろしい出来事が
本人を襲う。

映画のラストも、冤罪に対する
厳しい現実を突きつけんばかりの演出で
マッツ・ミケルセンが表情だけでそれを
見事の表現している。

男として観ている自分も恐ろしくなったが
映画としては、見応えがあった。傑作。

|

« 終始静寂。の中に恐怖。/ウィッチ | トップページ | この人のおかげで、マクドナルドが食べられる。/ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 終始静寂。の中に恐怖。/ウィッチ | トップページ | この人のおかげで、マクドナルドが食べられる。/ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ »