« ガラス越しのあなた | トップページ | 【ネタバレあり】実在の連続殺人犯を体現。/モンスター »

2015年8月10日 (月)

【ネタバレあり】22年前の興奮再び。/ジュラシック・ワールド

Jurassic_world_tall

今年の夏は、今後もう二度とないと思えるレベルの大作公開ラッシュ。
「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」
「ターミネーター ジェニシス」
「ジュラシックワールド」
「ミッションインポッシブル:ローグネイション」。

今回鑑賞したのは映画をあまり見ない人でも知っているであろう
「ジュラシックワールド」。

「また、続編か…」

と、人気シリーズの続編ラッシュに飽和状態を感じている人もいるかもしれない。
しかし、これはそれらとは一線を画す作品だと思った。

まず、シリーズ作品の宿命といえる、
作れば作るほど作品のクオリティが下がっていく。
が、これには無い。たしかに「2」「3」が過去に作られていて、
私は好きな作品だが「1」には遠く及ばない。

しかし、「1」から22年ぶりに制作されたこの作品は、
「1」と肩を並べるくらいの興奮を再び味わうことができる。

「1」を知っていれば、その作品のオマージュと取れるシーンが
数多くあるので、それを観て感動することも出来るし、
「1」を知らなくても十分に映画を堪能できる。

しかしまぁ、「1」があっての「ジュラシックワールド」なので、
鑑賞前にオリジナルを観ておくといいかもしれない。
続編という形で作られているので。

描写は結構きわどい。
一番ひどかったのは、主人公の兄弟の子守役で
ジュラシックワールドに同行していた女性。

恐竜が逃げ出しパニックになっている最中、飛行する恐竜
プテラノドンにつまみ上げられ弄ばれる。
しまいには海に投げ捨てられ、これまでか…というところで
またプテラノドンにつまみ上げられ空中に…となったところに
海から出てきたこいつ↓に、プテラノドンと一緒に食われて死亡…

20150809_151740

そして、一番感動したのはやはりラスト。
あらゆる生物の遺伝子を組み込まれ人為的に作られた
殺戮恐竜インドミナス・レックスに打つ術なく、どうしたものか…となった時。

一つのゲートが開き、女性が発煙筒を持って「ある恐竜」を
インドミナスの元へ誘導させるシーン。

この発煙筒を見た瞬間「ジュラシックパーク」で
初めてTレックスが登場し、襲っている子供から目をそらすために
サム・ニールが使った時を思い出す。

20150809_151721

ずっと、Tレックスが出てこないから変だな…。と思っていたら
切り札的な扱いで出てきて、かっこよかった。

その結末は映画で見たほうがいいと思うのだが、
とにかく「1」を作ったスタッフが再集結していることもあってか、
22年前に観た時の感動と興奮を再び味わうことができた。

なかなか難しいことなので、さほど期待はしていなかったが、
ここまでやってくれるとは! と個人的には突っ込みどころもなんもない。(笑)

ただただ、カッコイイ恐竜が大画面で大暴れするのを楽しむことができた。
これも本当にオススメ。自分はもう一度映画館で観たい勢い。

|

« ガラス越しのあなた | トップページ | 【ネタバレあり】実在の連続殺人犯を体現。/モンスター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガラス越しのあなた | トップページ | 【ネタバレあり】実在の連続殺人犯を体現。/モンスター »