【ネタバレあり】恋は雨上がりのように

この記事はしばらくトップに載せる。(笑)
最新記事は、この記事の下に表示されます。

Ka

なんとなく作品は知っていたが
全くもってノーマークなこの作品、
予告編ずっと観ていたら
サブリミナルでも仕込んであったのか、
劇場で鑑賞することに決めた。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2018年8月17日 (金)

ショッキングな出来事が起きた。2

TSUTAYAに続き、
地元の大戸屋がクローズした。
大戸屋は常連だったのだが…。
大戸屋だけは、閉店しないと思っていたのだが。

本当に、自分のお気に入りの店が
ことごとく、なくなる。
例を挙げると10を超える。
疫病神レベル。(笑)

にしても、地元は昔に比べたら
かなり発展して人口もかなり増えたのだが
それでもマクドナルド、TSUTAYA、
モスバーガー、オリジン弁当、大戸屋、
大型スーパー、本屋と閉店しまくり。

他愛のないチェーン店だけど
やっぱりなくなるのは悲しいものだ。

30年以上夫婦で仲良く営んでいる
行きつけのラーメン屋だけは、
なくなりませんように!!!

ショックといえば、
明日はアンディ・ラウル主演、
爆弾処理班とテロリストの壮絶な戦いを描いた
「ショック・ウェーブ」公開!

9300349513b34371b0367d7bd306ff17


| | コメント (0)

2018年8月14日 (火)

カメラを止めるな!

76912

都内では1館のみの公開だったのが、
クチコミかSNSで話題となり、
40を超える都道府県にまで
拡大上映を果たした
「カメラを止めるな!」を観た。

予備知識なしで観た方が楽しめると思う。
なので、内容には触れず感想のみ。

最初は一体、どうなってしまうのか。
これからどんな展開になるのか。
と思ったけど、
中盤から「なるほどそういうことか」。
と、怒涛の完璧なまでの伏線回収と
衝撃の展開に笑いが止まらない。
映画館でこんなに笑ったのは初めてかも。

そして、「どんな展開になるのだろう」
と、先の読めない展開に、
久しぶりに、ワクワクしながら映画を観た。

製作者の思うツボ、
手のひらで転がされまくった。

有名な役者や、
お金をたくさん使わなくても
こんなに楽しく素晴らしい映画が
作れることを改めて思い知らせてくれた
歴史に残ると行っても良いレベルの
良質な作品だった。

映画館でみんなで笑ってこい!!!

| | コメント (0)

2018年8月12日 (日)

行動することが生きることである

毎週日曜日、YUKIがパーソナリティを務める
ラジオ番組で彼女がちらっと口にしていた
著者が気になったので、読んでみた。

宇野千代「行動することが生きることである」

まだ、途中までしか読んでないけども
考えるより動け。的な思想のもと、
ポジティブな言葉がたくさん詰まっており
なかなかいいかもしれない。

YUKIが超ポジティブなので
この人の人格形成を形作るものの
一旦に興味を持った次第なのだが。

本は、図書館で予約して読んでいる。
図書館はすごい。
「セブン」のモーガン・フリーマン演じる
サマセット刑事の言葉をパクるとするなら
知識の宝庫に囲まれた空間。

と同時に、エンタメの宝庫。
それをロハで読めるという。

今日も読みたいと思う本が沢山あったのだが
読むのが遅い上に通勤時間しか読まない自分、
これらの本が読めるようになるのはだいぶ先になりそうだ。

| | コメント (0)

2018年8月 1日 (水)

オーガス德永。

8月。オーガスト。

サマソニが開催される。
ヘッドライナーのBECKが来日する。

Chageの還暦兼ソロデビュー20周年ライブツアー
「クリムゾン」が行われる。

德永英明の「永遠の果てに」ツアーが
行われる。

今月は珍しく、1日にカレンダーめくった。
remindのジャケ写みたいな写真だった。
にしても顔色白くしすぎ。
背景のレンガと同化する勢い。

| | コメント (0)

2018年7月30日 (月)

フェルメール展のチケット発売開始。

000897922

話題の展覧会「フェルメール展」のチケットが発売された。
10月から1ヶ月区切りで、日本初の(?)日時指定販売。

「始まったばかりだし、まだいいや」
と思っている世間の気持ちを逆手に取り、
10月開催分を善は急げとばかりに購入した。

来年の2月まで開催されているので、
気に入ったら、もう一度行ってみるのもいいかも。

前にも述べたけど、フェルメールを見るたびに
フィンランド映画の巨匠、アキ・カウリスマキ監督の
独特なライティングを思い出さずにはいられない。

E1378861157123_1

160e7326eb52a610

Main_3


| | コメント (0)

2018年7月28日 (土)

4年前のツアーTシャツ買いました。

Img_7012_3

Img_7015_2

4年前に行われたChageのライブツアー「equal」の
ツアーTシャツが再販されたので、
ここぞとばかりに購入した。

シンプルで主張しすぎないデザインがいい。
腕の部分の赤いタグみたいなところに
「equal」のロゴが縫い付けられている所が
個人的にはツボだった。

Img_7013_2

洋楽ならThe1975、
邦楽ならChageのこのTシャツが
デザインとしてはベスト。

德永英明なら、
「bless」ツアーの指紋のTシャツを
再販してくれたら買うのだが。

ツアーTシャツは
デザインがダサくなりがちなのだが
これはいい。気に入った。大いに気に入った。

当時、もっと買っておくべきだった。
ツアーパンフがかっこよ過ぎて
それ買って満足していた。

夏から始まる「クリムゾンツアー」
のツアーグッズにも期待したいが
公演数が少ないので、
どの程度の点数が販売されるのかも
気になるところ。

そのチケットが届いた。
あいかわず、デザインかっこいい。

Fullsizerender


| | コメント (0)

2018年7月27日 (金)

愛をください

彼のPVの中では比較的好きなこの作品。
食事してる様子を超早回しで見せるところがあるけど、
あそこをスローモーションにしたら、
もっとじっくり彼の食事の様子を見られるのだろうか。

気持ち悪いことを言ってるけど、
結構美味しそうに食べてるのが印象的なのと、
スローモーションにしたら、どう見えるのか、
急に気になり始めた。そわそわ。

| | コメント (2)

2018年7月24日 (火)

三島由紀夫とDAVID BOWIEと德永英明。

三島由紀夫は、かなり読んだけど
どれも難解で、モーホー要素も多めだった。
故に読むたびにくたびれた。

でも、ほんとにこれは、彼が執筆したのか。
と思うほど色が違ってエンタメ要素満載で
飽くことなく読めたのは「命売ります」だった。

新聞広告に自分の命を売ると掲出した主人公の元に
いろんな客がやって来て…。という話。

德永英明の読んだナントカってやつは、
まだ読んだことがない。

…と思ったら、小説の映画化の話か。
書き終わってから気がついた。

三島由紀夫はDAVID BOWIEも
愛読していて、かなり影響を受けた。と聞く。
彼の肖像画も、DAVID BOWIEは描いている。

2b302c5c371f4b0a9937a249231a7b35


| | コメント (0)

2018年7月20日 (金)

年末のライブ事情追加。

Main_sp

ボン・ジョヴィの5年ぶりの来日公演が当たった。
彼らが来るのは5年ぶりでも、
私が足を運ぶのは実に約20年ぶり。

「these days tour」の横浜スタジアム以来。
お久しぶりです。

960520japan_flyer

| | コメント (0)

2018年7月18日 (水)

オタクなので、これ買いました。

A78f4398

8d933e38s
超久しぶりのフィギュアネタ。
記事にしてないだけで、
ちょいちょい購入している。

これは、CCPというメーカーの
ウルトラマンのソフビ。
超ハイクオリティ。

ウルトラマンのそれぞれが醸し出す
佇まいまでもを、再現している。
楽しみです。


| | コメント (0)

«殺虫剤で占い